Column

Column詳細

これが原因だった!スラックスが破ける原因7選


スラックス

 

スーツのスラックスがよく破けてしまう!

またやってしまった。。。

特にお尻の部分は破けやすい箇所

 

気付けばジャケットばかり残っていてタンスの肥やしに・・・

 

なんてことありませんか?

 

破けやすい人には「スーツの着方」に特徴があります。
せっかくのスーツが台無しにならないためにもぜひ確認してもらえたらと思います。

 

 

スラックスが破ける原因7選

 

1. ポケットに物を入れすぎ

2. 自転車によく乗る

3. 何日も続けて着ている

4. 帰ったら脱ぎっぱなし

5. タバコを乱暴に吸う

6. 激しい変な動きをする

7. そもそもサイズが合っていない

 

 

当てはまりそうなものはありそうでしょうか? 

これから一つずつ見ていきましょう。

 

 

1.  ポケットに物を入れすぎ
ポケットに財布や鍵、名刺入れや携帯など入れていませんか?
ポケットに入れることによりシルエットが崩れるのはもちろんスラックスが傷みます。
試しに何も入れない状態と握りこぶしを前ポケットに入れた状態、それぞれで屈伸してみてください。
スラックスにかかる負担がまるで違ったかと思います。

ポケットにはかさ張る物は入れない様にしましょう。

 

2.  自転車によく乗る
自転車を漕ぐ動作は動きが多いのでスラックスに負荷がかかります
私も自転車の際は綿パンやお気に入りではないスラックスを履くようにしています。
やや面倒でも自転車に乗る際はパンツを履きかえることをオススメします。

 

3.  続けて着てしまう
スーツは一度着たら二日休ませましょう。
スーツはウールという天然素材で人と同じ様に呼吸をしています。
続けて着ることにより回復する時間がないのですぐにくだびれてしまいます。
結果的に三着以上で着回す方が一着あたりのもちが圧倒的に良くなります。

 

4.  脱ぎっぱなし

帰宅してスラックスを脱いだまま放置しているとシワもつく上にほこりなども吸い取ってしまい

菌なども発生し、スーツに悪影響を及ぼします。

脱いだらハンガーやズボンプレッサーにかけるなどメンテナンスも怠らない様にしましょう。

また脱ぎ着の際はデニムなどと同じ様にザッと上げ下げするのではなくゆっくりすることによりひっかけることも無くなります。

 

5.タバコを乱暴に吸う

意外に多いのがタバコにより穴が開いてしまうケース。

スーツの生地はデリケートです。火には弱いので、タバコを吸う際は最善の注意を。

 

6.激しい変な動きをする

結婚式の余興や二次会などで稀に見かける動きです。

スーツは激しい動きには弱いのでなるべく控えましょう。

また座る際に足を広げすぎるのも破れやすくなる原因です。

 

7.そもそもサイズが合っていない

パンツを選ぶ際はウエストに加えお尻回りが重要となります。

あまりすぎもタブタブした印象でカッコよくありませんが、小さすぎるのもお尻が破れる原因です。

フィッティングする際にしゃがんできつ過ぎないかチェックしてください。

 

 

破れる原因は大半が一度の動きではなく、日々の積み重ねによるものです。

ある一定値を超えた時にビリっといってしまいます。

 

また上記の点を気をつけると自然とエレガントな動きや振舞いにも繋がります。

お気に入りのスーツを長く愛用してもらえたらと思います。

 

 

関連コラム:

「スラックスがキツい!と感じたら」 はコチラから

 

 

————————————————-
株式会社S-style

<事業概要>

◆ファッションブランディングから身体作り、髪型までトータルサポート。

【経営者外見総合プロデュース】

s-style-fashion.com/menupage/

 

◆似合う色や柄もわかる。日本唯一のイメージスタイリストが戦略的に手掛ける。

【オーダースーツブランド・S-style】

s-style-fashion.com/suit/

 

◆制作期間4ヶ月。あなた色を表現し、宝物となる鞄。

【日本最高峰のオーダーバッグブランド・Tesoro】

s-style-fashion.com/menu/2203/

 

◆企業のイメージアップを図る。スーツをはじめ外見に特化した研修。

【外見ブランディング企業研修、法人スタイリスト】

s-style-fashion.com/menu/172/

 

◆憧れのオーダースーツテーラーとして活動、独立できる。

【オーダースーツ開業アカデミー】

image-stylist.jp/sfa/

 

◆ファッションコンサルビジネスを構築し、長く活躍できる存在に。

【ファッションコンサルのためのビジネスコンサル】

image-stylist.jp/bma/

 

 

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/