Column

Column詳細

小池百合子都知事の服装~ビジネスファッションは戦略~


なぜ_n

朝のニュース番組で小池百合子氏のファッションについての特集が行われていました。

その中で2人のファッションのプロが解説をされていました。
しかし2人の意見は全く異なるものでした。

 

それは何故か。
1人はファッションデザイナーやプロデュースで「お洒落」を一番に考えている方。
もう一人はビジネスプロデューサーで「戦略」にフォーカスをされている方でした。

私服やファッション業界の方、モデル向けなどトレンドやお洒落さを前面に打ち出す時は前者の方がセンスも高くいいと思います。

 

しかし、ここではビジネスでのファッション。
ましてや政治家の方であれば後者の「戦略的に考える」というのがとても重要です。

例えば築地市場移設の話し合いの際に小池氏が、ガラッガラの派手なワンピースで登場されたらどうでしょう?
その場にいる方やTVを見られている方から反感を買うことが予想されます。
お洒落かもしれませんが場や立場には相応しくありません。

 

その時の小池さんの服装は「緑」のジャケットでした。
選挙時のイメージ戦略カラーでしたが、実は都知事になられてからは2回しか着られていません。

この時着られた理由は「中立な立場」を印象として与えたかったからです。
「緑」は色彩心理として中立を感じさせることが出来ます。
話し合いが円滑に進むために緑を用いられていたのです。

 

その他には、白や黒のファッションが多々見られファッションデザイナーの方は、つまらない、もっと柄物など着た方が良い。と

しかしこの場で小池氏は「威厳の黒」や「クリーンなイメージの白」という印象付ける為に選ばれていたわけです。

 

ビジネスでの装いは自分がどうしたいか、何を着たいか、よりも
周りの方々にどの様な印象を与えたいか!
どの様な場面で着て、自分自身はどの様な立場なのか!
を一番に考えるべきです。

 

TPOに応じたイメージ戦略です。

そうすることによりビジネスでの成果を最も上げることが出来ます。
成果を上げたい、また印象が大きく左右される経営者や士業、営業マンの方はぜひご自身のブランディングやイメージ戦略を意識してみてください。

 

なぜ、あなたは今日その服装をされていますか??

 

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/