Column

Column詳細

スラックス選びはヒップが重要


パンツよれ

 

年間を通してアクセスの多い記事に「スラックスの選び方」が挙げられます。

先日お伝えした年間アクセス大賞を頂いた「ビジネスタレントマガジン」でも常に上位にランクインしていました。

コラムはこちら <イメージスタイリスト岡本章吾のビジネスマンの為のスーツ着こなし概論>

www.nobetech-mag.jp/column/イメージスタイリスト岡本章吾/

 

そこで今回はS-styleスタイリストの鈴木からスラックスの選び方をお伝えします。

鈴木は異色の経歴で、スタイリストの前は整体師を長らくしておりました。

そのため、身体や姿勢に関して熟知しています。

代表の岡本とはまた違う観点になり新たな発見もあるかと思いますのでお楽しみください。

 

 

自分の体型に合うスーツのサイズ(号数)を選ぶための情報として、基本的には身長、バスト、ウエストがあります。

 

ウエストはサイズが適正でない場合、両サイドのポケットが開いてしまったりベルトをした際の生地の弛みなどが発生いたします。

腰骨にぴったり沿っているものが理想的なウエストですが、立ったり座ったりする動作が多い方は、軽く指が入るくらい(おおよそ4cm)の余裕を作ったほうがいでしょう!
少なくともウエストが緩いからと言ってベルトをバンド代わりにするのはやめましょう!

画像の様なタイプは一発でだらしない印象を与えます。
パンツは腰骨の上で履くものです。

購入する時にこの基準の位置が毎回違うと購入する時に緩いものを買ってしまいますので、腰骨の上でご自身の基準の高さを作るようにしましょう!

 

ヒップ
パンツはお尻のラインが適度にわかるとシルエットがキレイです。
お尻が大きいと、ウエストサイズが合っていてもスラックスがきついケースがあります。

既製品のパンツの場合、ココが難しい部分でもあります。
筋肉のつき方によってヒップサイズは個人差があります。
例えば、昔野球をやっていたとか低い体勢で構えるようなスポーツをやっていた方の場合はヒップが大きい傾向にあります。
ヒップ部分のサイズをきつくしすぎると座った時にパツパツになってしまうので消耗しやすいですし、そうかといって緩くしてしまうと足が短く見えてしまったりします。
理想はヒップに適度なゆとりがある事です。

立った時のシルエットと機能面でのバランスに注意しましょう!

 

————————————————————–

S-style

*イメージブランディングスーツ

*メンズファッションアカデミー

 

HP: https://image-stylist.jp/

お気軽にお問合せください

お問合せ:  info@image-stylist.jp

 

*「ファッション業界人の為の営業セミナー」開催

peraichi.com/landing_pages/view/sstyle

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/