Column

Column詳細

イメージコンサルタントの仕事とは


DSCF4363

イメージスタイリストアカデミーの岡本章吾です。

 

私がビジネスコンサルをさせて頂いている同業の方々にお伝えしていること。

それは「集客」の前にすべきこと

「差別化」

 

差別化をしなければ、なかなか選ばれる存在にはなれないからです。

 

例えば、同業のイメージコンサルタント。

 

イメージコンサルタントはもともと1950年のアメリカ大統領選挙の時に注目され生まれた仕事です。

理論を用いながらクライアントのイメージ戦略に合わせた外見を作り上げていく仕事です。

 

イメージコンサルタントは、アメリカでは「三大ステータス」の一つとされています。

[良い医者、良い弁護士、良いイメージコンサルタント]

この3つをつけるのがステータスとされています。

 

日本でも、議員の方や経営者の方でイメージコンサルタントをつけている方もいらっしゃいます。

議員や経営者の方は特に「イメージ」が重要です。

最近は婚活している方や一般の方向けにサービスを展開されている方も増えています。

 

ではこのイメージコンサルタントの差別化が難しい点は何か?

次回お伝えしたいと思います。

 

 

——————————————————–

株式会社S-style

日本人唯一のイメージスタイリスト®

 

★news

オーダースーツ秋冬物新作が続々入荷

※スーツ無料診断8月も開催中(詳しくは下記ご参照ください)

s-style-fashion.com/column/2097/

※ファッション業界で独立したい人はお気軽にご相談ください

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/