Column

Column詳細

パーソナルカラー診断を誰に


ドレープ

前回お伝えした「イメージコンサルタント」という職業。

 

イメージコンサルタントの人で、差別化がなかなか出来ていない点。

それは「カラー診断」です。

 

パーソナルカラー診断というもので、その人に似合う「色味」を選んでいきます。

多くのイメージコンサルタントの方はこのメニューをされています。

 

ただ、ホームページやWEBで検索していただくと分かるのですが、このカラー診断というのは、なかなか差別化を図っていません。

 

ただカラー診断をしているだけだと、選ばれるのは実績のある人、経験のある人です。

そして「価格競争」に巻き込まれてしまいます。

 

価格で安いところやSEO対策をしているところが検索で上位に上がってくるため選ばれてしまいます。

そうならないためにもしっかりと差別化をする必要があります。

 

例えばただカラーコンサル、ただカラー診断をしているという人よりも、

「30代女性 婚活をされている方に向けたカラー診断」

というように具体的人物像やターゲットを決めたカラー診断をすることにより、

「その人がモテる」「男性ウケが良くなる」、そこから「成婚へと近づける」といったステップがあれば、そのお客様には響きます。

 

その様な差別化や特色を打ち出す必要があります。

 

次回は「パーソナルスタイリスト」についてお伝えします。 

——————————————————–

株式会社S-style

日本人唯一のイメージスタイリスト®

 

★news

オーダースーツ秋冬物新作が続々入荷

※スーツ無料診断8月も開催中(詳しくは下記ご参照ください)

s-style-fashion.com/column/2097/

※ファッション業界での独立に興味のある方などお気軽にご相談ください

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/