Column

Column詳細

オーダースーツなのにしっくりこない理由とは


仕事柄、多くのビジネスマンとスーツの話になり

あ~~もったいない!

ここ修正したい!!

 

ということがしばしばあります。

 

しかしよくよく聞いてみると「オーダースーツ」

 

オーダーで仕立てているはずなのになぜ合っていないのか??

 

 

先日のお客様はスーツをお召しになることが多く、今までもオーダースーツを着られていました。

百貨店や個人テーラーの方などから、30万以上するスーツを何着もお仕立てになっています。

 

しかし着ていて

何だか違和感を感じる。。。

 

ということでお客様からご紹介頂きご来店くださいました。

 

スーツを見てまず感じたこと。

 

それは「肩」が合っていない。

 

 

写真 2019-02-07 14 22 55

 

 

肩幅が少し小さめで肩パットも厚い。

肩や二の腕が当たり窮屈感を感じる。
そして胸元も開いてしまっている。

 

 

スーツは「肩で着る」

 

と言われるほど重要な箇所です。

 

 

肩幅だけでなく、肩の傾斜や位置に合わせた作りにすることも(補正を加える)大切です。
例えばなで肩や怒り肩、前肩など。

 

既製品はもちろんこの様な補正はないですし、オーダーでもフィッターがしっかりと見極めて加えなければなりません。
私はオーダースーツテーラーのフィッティング指導やコンサルもしていますが、正直出来ている所は少ないのが現状です。

 

ましてや昨今増えているネットでのオーダーは最初から補正という仕様がなかったりします。

(お客様がご自身ではわからないため)

ちなみに肩以外にも補正は多数あります。 

 

そのためオーダーでもしっくりこない。
合わない。
ということは多いにあり得ます。

 

 

また重要なのは、
採寸した後の数値決め。

 

例えば身頃や太もも部分、股上など何センチにするか。
約30箇所の数値を決めるのはフィッター(測り手)です。
そのフィッターの腕によりサイズ感や仕上がりはまるで変わります。

 

フィッターの好みや特性も影響されます。

フィッターが若いと細み、年配だとゆったりしている傾向があります。

 

つまり同じお店でも誰が測るかにより仕上がりが変わるということです。

特にチェーン展開しているオーダースーツテーラーだとかなり腕に差があります。

 

納品が一着目から郵送のテーラーも少し気を付けた方がいいかと思います。(お客様都合で郵送の場合は除く)

 

仕上がり状態を見ていないので、それがピッタリ合っていたのか、修正箇所はないか。
など分析が出来ません。

 

今でも納品時に着用スタイルを必ず確認します。
より良く見える様に、着心地がよくなる様に5ミリ単位で次回に活かしたり、
統計分析をしていきます。

 

郵送ではそれがないので、なんとなく合っているだろう。
という憶測で終わってしまいます。
コンサルした会社も同様で統計分析はされていませんでした。

 

もちろんどんなに優れたフィッターでも毎回100%完璧な仕上がりということはないので分析は重要です。

 

 

 

諸々修正や補正を加えながら
今回お仕立てしたスーツがこちら。

 

 

写真 2019-02-07 14 09 27

 

 

着用した瞬間に

 

「か、軽い!
なんでこんなに軽いんですか!?
こんな着心地の軽いスーツ初めてです!」

 

 

そうなんです。

 

肩がピッタリと合うと本当に軽いのです。

 

肩にのっているという感覚です。

 

楽に着たいからという理由でゆとりのあるスーツを選ばれる方も多いと思います。
しかし実は着心地は悪いです。

 

特に肩幅が大きめのものは、スーツの重さをそのまま受け止めてしまいます。

 

着心地よくしたい方は肩が大きめのものは選ばないようにしましょう。

弊社のイメージブランディングスーツは
与えたい印象などブランディングに合わせたスーツ作りが特徴ですが、それはまた後日。

 

 

スーツ選びの際は、まず

「肩を合わせる」

 

これを意識しましょう。

 

 

最後にお客様から頂いた嬉しいお言葉を。

 

 

「今までのオーダースーツは何だったでしょうか。

しかも倍近い値段していたのに(笑)
同じオーダーでもここまで違いがあるんですね。
スーツの概念が変わりました。
本当に感動しました!!」

 

 

 

スーツは長年、毎日の様に着るもの。

 

周りからの反応が変わる。
そしてご自身のモチベーションも。

 

[戦闘服]と言われるほど
仕事やプライベートにも大きく影響するもの。

 

 

だからこそ多くの方にお届けしていきたいと思います。

 

 

「感動するスーツ」

 

 

 

 

News~

①春夏物の新作スーツやジャケット生地が入荷してまいりました。

→今仕立てて感動は3月中旬にお届け 

 

②日本最高峰のオーダーバッグブランド・Tesoro

制作期間4ヶ月。あなた色を表現し、宝物となる存在。

鞄に加え名刺入れなどもございます。

プレゼントにも最適です。

→今ご注文で6月完成予定。

s-style-fashion.com/menu/2203/

 

③立教大学100周年記念モデルスーツ

池袋キャンパス移転100周年を記念した限定モデル。

50着限定となります。

s-style-fashion.com/column/3636/

 

④LINE@

お得な特典やファッション情報をお届けしています。

ぜひご登録ください。

line.me/R/ti/p/%40mot0633b

 

 ⑤オーダースーツ代理店募集

オーダースーツ業に興味がある、お客様に喜んでもらえる仕事がしたい

という方や企業様、お気軽にご相談ください。

 

問合せ先 S-style事務局

info@s-style-fashion.com

 

————————————————-
株式会社S-style ~日本人男性に輝きと自信を~

<事業概要>

◆似合う色や柄もわかる。日本唯一のイメージスタイリストが戦略的に手掛ける。

【オーダースーツブランド・S-style】

s-style-fashion.com/suit/

 

◆制作期間4ヶ月。あなた色を表現し、宝物となる鞄。

【日本最高峰のオーダーバッグブランド・Tesoro】

s-style-fashion.com/menu/2203/

 

◆企業のイメージアップを図る。スーツをはじめ外見に特化した研修。

【外見ブランディング企業研修、法人スタイリスト】

s-style-fashion.com/menu/172/

 

◆憧れのオーダースーツテーラーとして活動、独立できる。

【オーダースーツ開業アカデミー】

image-stylist.jp/sfa/

 

S-style 【Ginza Private Salon】

・住所
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目
・TEL 03-6260-6170
・お問い合わせはこちら
http://s-style-fashion.com/form/